医療法人社団養生館|苫小牧日翔病院

外科|苫小牧日翔病院

採用情報|一緒に皆様の力になりましょう

院内託児所|ピッコロ保育園

お問い合わせはこちら

苫小牧日翔病院(地図はこちら
〒053-0803 苫小牧市矢代町2丁目9-13

当科では、消化器外科(胃・大腸・胆嚢・膵臓・肝臓等)のほか、気胸・甲状腺・乳腺・鼠径ヘルニアなどの疾患を対象としています。
当科の中核をなす腹部外科は、以前から標準手術と言われてきた開腹手術の他、最近、全国的に盛んに行われるようになってきた内視鏡外科手術も積極的に行なっています。
この10年で大腸癌手術・胃癌手術・腸閉塞手術などにも徐々に適応を広げてきました。そして現在、開腹手術と腹腔鏡下手術に明確な境界線を 引かずに両者の長所を融合させて、個々の患者様に最適といえる術式への微調整も意識するようになりました。
また、治療において何よりも大切なのは、安心感です。そのためにも、皆さんが日々思い・考えておられる疑問・不明な点を可能な限り減らしておくべだきと考えております。気軽に声を掛けてください。納得していただけるよう対応させていただきます。

外来担当医師日程表

外科

平成31年4月1日更新

曜日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
午前

櫛 田

崎 濱

熊 谷

櫛 田

崎 濱

輪 番


乳腺外来:北海道がんセンター出張医(第4週目

午後

 

※乳腺の診察を希望される場合は、事前検査が必要になりますので、平日14:00~16:30に下記電話番号にお問い合わせください。第4土曜日の乳腺外来受付は午前11:00までとなっております。


                                                                                              苫小牧日翔病院:0144-72-7000

外科の担当医師

養生館 名誉理事長
外科 医師
熊谷 文昭

昭和53年 北海道大学卒業
資格
  • 日本外科学会 専門医
  • 日本消化器外科学会 認定医
  • 日本透析医学会 専門医
  • マンモグラフィー読影認定医
  • ケアマネージャー

患者さん、家族そして医療者みんなが納得できる医療を心がけたいと思います。


外科 医師
櫛田 隆久

昭和52年 札幌医科大学卒業
資格
  • 日本外科学会 専門医
  • 日本消化器外科学会 認定医
  • 日本肝臓学会 専門医

最近10年で外科患者の治療方法が進化しました。たとえば鏡視下手術が胃癌、大腸癌にも行われるようになりました。以前に比べ切開創を格段に縮小する事が でき、創痛の軽減、早期離床、合併症の軽減に結びついています。私たちはこれからも手術、検査などの技量を高める努力を行います。


 
外科 部長
崎濱 秀康

平成6年 北海道大学卒業
資格
  • 日本外科学会 専門医
  • 日本消化器外科学会 専門医
  • 消化器がん外科治療 認定医

所属学会
  • 日本外科学会
  • 日本消化器外科学会
  • 日本内視鏡外科学会
  • 日本臨床外科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化管学会
  • 日本癌学会

 患者さんに優しい外科治療を心がけております。


 
外科 医師
鈴木 崇史

平成21年 北海道大学卒業
資格
  • 日本外科学会 専門医

所属学会
  • 日本臨床外科学会
  • 日本消化器外科学会
  • 日本内視鏡外科学会
  • 日本癌学会
  • 日本癌治療学会

海と山に恵まれたこの土地が大好きです。皆様のお役に立てる様に頑張ります。宜しくお願い申し上げます。


年間実績

外科の年間(年度)外来患者数

外科の年間(年度)手術件数

臓器別手術実績

特に悪性腫瘍において、放射線科診断専門医と密に連携しつつ、外科的切除範囲を決定しています。

1 胃癌:手術数は年間8-12例前後です。7割前後は腹腔鏡にて手術を施行しております。食道と胃の境界付近の癌については、従来通り開腹にて可及的に所属リンパ節も切除しています。

2 大腸癌:手術数は結腸と直腸を併せて、年間30例前後です。腹腔鏡の占める割合は年々増加傾向を示しています。最近ではほぼ全例、腹腔鏡にて手術を施行しております。

3 肝胆膵悪性腫瘍:肝臓切除術や膵頭十二指腸切除術など、高難度手術が必要となります。当科では、安全確実な手術をモットーとして、患者さんが元気に退院できるよう努めています。

4 乳癌:年間10−20例前後の手術を行っています。部分切除の割合が増加傾向ですが、腫瘍径や整容性などにより、術式を決めています。

5 鼠径ヘルニア:年間40−60例前後の手術を行っています。最近では、そのほとんどを腹腔鏡にて手術を行っています。安全性や整容性に優れ、ご満足いただいてます。

6 急性虫垂炎:ほぼ全例を腹腔鏡にて手術を行っています。症状が軽い場合、抗生剤のみで治癒を目指していきます。

7 急性胆嚢炎、胆石症:年間15−20例の手術を行っています。ほとんどは腹腔鏡手術で行っています。